副作用を防ぐ方法|抗生物質の効果&副作用を徹底解明!ジスロマックについて知ろう

抗生物質の効果&副作用を徹底解明!ジスロマックについて知ろう

Close-up of ill woman taking medicine

副作用を防ぐ方法

many drugs

ここでは、ジスロマックによる副作用を防ぐための方法について紹介します。クラミジアの治療を気持ちよく進めるために必要な知識なので、もしものときのためにぜひ頭に入れておいていただきたいと思います。ジスロマックの副作用として報告されているのは、主に「下痢」や「吐き気」などです。特に下痢は多くの人が悩まされる副作用なので、防ぐための方法を知っておきましょう。

ジスロマックを飲むことで下痢になってしまう原因は、ハッキリしています。それはジスロマックの薬効成分がクラミジア菌だけでなく腸内菌にも攻撃を加えてしまうためです。腸内に存在するビフィズス菌や乳酸菌は腸の働きを助けることで人間と共生している細菌ですが、ジスロマックにとってはクラミジアと同じ「細菌」というわけで、その習性に従って攻撃し、ダメージを与えてしまいます。こうして、腸内の環境が崩れて副作用が発生してしまうのです。
これを防ぐためには、「ジスロマックを少しずつ飲む」「一緒に整腸剤を飲む」という方法を試してみるといいでしょう。

ジスロマックは、500mg錠を2つまとめて一気に飲めば1週間ほど体内で効果をあらわして細菌を死滅させて病気を治してくれます。
しかし一気に飲むとその分だけ胃腸へのショックも大きくなってしまうので、3日ほどに分けて飲むのです。500mgを1錠ずつ、3日に分けて飲むというのが一番効果的です。
また、整腸剤はジスロマックが攻撃する腸内菌にかわって腸の働きを支える効果があります。
これを一緒に飲むことで、副作用が発生するのを抑えることができます。